ケノンで埋没毛を解消!!

MENU

ケノンは埋没毛も改善できるのか?

ムダ毛処理を行った後にできる埋没毛。

 

処理していて埋没毛ができてしまい、
気になったことはありませんか?

 

埋没毛というのは、
毛穴から生えてきた毛が、

 

皮膚の上に出られずに
伸びてしまった毛のことです。

 

なぜこのような、
埋没毛ができてしまうのでしょうか?

 

通常なら生え変わった毛は、
他の毛と同じように真っすぐに伸びます。

 

脱毛した後に生えてくる場合でも、
それは同じです。

 

ですが、ムダ毛の処理などで
肌に傷ができてしまったり、

 

角質がたまってしまうと、
その部分が塞がってしまって
出てこられなくなります。

 

そのため、皮膚の中に埋まってしまい、
埋没毛になってしまうのです。

 

ケノンに限らず、
脱毛をすることで肌を傷つけることが、
大きな原因なのですね。

 

多くは、カミソリや毛抜きなどの脱毛を
繰り返すことで、埋没毛になります。

 

ケノンの場合はフラッシュ式なので、
直接肌を傷つけることはありません。

 

他の脱毛方法と比較しても、
埋没毛にはなりにくいと言えるでしょう。

 

では、ケノンで埋没毛を
改善することはできるのでしょうか?

 

ケノンは光を照射し、
毛根に対して働きかけることで、
脱毛を促します。

 

これは、埋没毛に対しても
同じ作用があります。

 

毛先が埋まっているだけで、
毛根の位置は同じだからです。

 

毛根に働きかけることにより、
脱毛を促すことで、
埋没毛が改善されるのです。

 

埋没毛は、生え変われば、
まっすぐ伸びてきます。

 

肌のターンオーバーによって、
自然に改善することもできるのですが、

 

ケノンによって、それを早めることが
できるのですね。

 

埋没毛は、見た目が黒く見えたりして気になりますが、放っておいても
問題はありません。

 

特に病気の原因になったりする訳では
ないので、安心してください。

 

どうしても気になる場合は、
傷つけないように皮膚から取り出し、
先端をカットするしかありません。

 

無理に取り出すことは、
肌を痛める原因になるので、
絶対にやめましょう。

 

また、取り出した埋没毛を毛抜きで
無理やり抜くことも避けてください。

 

埋没毛が再発する可能性が、
高いからです。

 

肌が乾燥していると、埋没毛が
できやすい肌環境になってしまうので、

 

脱毛後の保湿ケアにも
気をつけるようにしましょう。

 

無理をせず、
肌のターンオーバーを意識しながら、

 

ケノンで毛根に働きかけることで、
改善するのを待ちましょう。

 

脱毛前に肌を清潔にすることや、
脱毛後に保湿するなどのケアをすることで
埋没毛を防ぐようにしてくださいね。