ケノンで副作用はあるのか?

MENU

ケノンで副作用?!症状や対策をご紹介します!

脱毛器を選ぶ際に、
気になるのは副作用があるかどうか
ということですよね。

 

肌の弱い人は特に、
使用による肌トラブルは心配だと思います

 

脱毛器やサロンでの脱毛など、
実際に副作用を耳にしたりすると、
不安になりますよね?

 

ケノンは大丈夫なのでしょうか?

 

購入する前に、安全性についてシッカリ
把握するためにも、

 

ケノンの副作用について、
お伝えしていきます。

 

加えて、副作用や肌トラブルを防ぐ方法や
対策などもお伝えするので、
参考にしてくださいね。

 

ケノンは、フラッシュ式の脱毛器です。

 

光を照射することにより、
毛根のメラニン色素に働きかけて、
脱毛を促します。

 

この照射により、熱が発生するので、
肌や毛根付近も熱を帯びることになります

 

照射直後は肌に負荷がかかり、
ダメージを受けやすい状態ですが、
その後通常の状態に戻ります。

 

照射の際に、多少の痛みや熱さを
感じることもあります。

 

個人差や、その時の肌の状態にも
よりますが、その痛みや熱さが、
副作用として認識されています。

 

脱毛の際の痛みは、ケノンに限らずですが
ある程度は起こってしまう副作用ですね。

 

ですがこれらは、使用前に脱毛する部位を
十分に冷やすなどすれば、
軽減することもできます。

 

照射後も脱毛した部位を冷やすなどして、
肌をクールダウンさせた後に、

 

保湿ケアをすることで、
肌トラブルを防ぐことができるでしょう。

 

また、使用した後は、肌の抵抗力や
免疫力が一時的に弱まっているため、

 

乾燥しやすく、シミやソバカスなども
できやすくなっています。

 

シミ、ソバカスを防ぐためにも、
使用後に美容液などで、
保湿と紫外線対策を行ってください。

 

使用後にきちんとケアすることで、
肌が回復するのも早くなります。

 

しっかりケアしないと、肌が乾燥して、
角質もたまりやすくなります。

 

肌のターンオーバーも遅れ気味になり
効果的な脱毛の邪魔になるので、
アフターケアはしっかり行いましょう。

 

ケノンを使用する頻度に関しても、
肌を回復させるためにも、

 

最低でも1週間以上は空けた方が
いいでしょう。

 

痛みや熱さを感じなくても、
肌はダメージを受けています。

 

事前に使用方法を確認し、
使い方を守った上で
脱毛するようにしてくださいね。

 

万が一、過度な痛みや痒み、赤みなどのトラブルを感じた場合は、

 

すぐに使用を中止し、
ケノンのサポートセンターに
相談するようにしましょう。

 

用法を守って使用すれば、
ケノンは安全に脱毛することができます。

 

トラブルを防ぐためにも、
事前に使用法を把握した上で脱毛を行い、
スベスベの肌を目指しましょう。