ケノンは毛周期を重視して脱毛すべき

MENU

ケノンは毛周期を意識すると成功の確率が高い!

脱毛を行う際に大切になるのが
施術を行う周期です。

 

脱毛サロンで施術を行う場合も同様で
サロンでは一定の周期でしか
施術は行ってもらえません。

 

ケノンの場合は自宅にて自分で施術を
行うのでやろうと思えば毎日でも
行うことが可能ですよね。

 

ですが脱毛自体お肌にダメージを与える
行為でもあるので慎重にそして効果的に
施術を進めていきたいと思う方が
ほとんどなのではないでしょうか。

 

ということで今回はケノンで効果的に
施術を行うための周期について
ご紹介していきたいと思います。

 

 

ケノンで毎日照射を行えば行うだけ
早く脱毛が完了するのでは?
と考える方もいらっしゃるかと思います。

 

ですが答えはNOです。

 

まずご説明しておきたいのは
毛には生え変わる毛周期というものが
あるということです。

 

皆さんは毛周期という言葉を
耳にしたことがありますか?

 

毛周期は大まかに分けて
成長期、退行期、休止期の
3つのサイクルで成り立っています。

 

周期の意味についても簡単に
ご説明していきますね。

 

まず成長期というのはムダ毛が
成長する期間のことを指しています。

 

脱毛を行う場合、成長期にあるムダ毛に
光を照射し強制的に退行期へと
移行させる必要があります。

 

ケノンから発生される光の熱により、
毛根細胞に栄養が送られるのを阻害し
脱毛される仕組みとなっています。

 

退行期というのは役目を終えたムダ毛が
抜け落ちるまでの期間を表したもので
その期間は2週間程度だと言われています。

 

ですので成長期から退行期に入っても
すぐに毛が抜けるわけではありません。

 

照射してから約2週間程度の
期間が必要になっています。

 

照射後は自然に毛が抜けていくのを
待つ必要があるので短期間に何度も
照射しても効果が得られないのです。

 

最後に休止期というのは次にムダ毛が
生えるまでのお休み期間です。

 

毛が生えていない時に施術しても
もちろん効果が得られませんので

 

再び成長期に入るのを待って施術を
行う必要があるのです。

 

退行期や休止期に照射を繰り返しても
効果が得られないだけでなく、

 

お肌に熱を与えることによって
お肌を傷めるリスクがありますので
周期を守って施術してくださいね。

 

ただし同じ部位に何度も繰り返し
施術するのがNGというだけであって、

 

部位を変えてローテーションを組めば
毎日施術しても問題はありません。

 

むしろ全身を一度に施術しようと思うと
長い時間と根気が必要となりますので

 

部位を分けて施術した方が楽に脱毛できる
かもしれませんね。

 

 

 

毛周期を意識しつつ約2週間程度の間隔を
空けて施術を繰り返すことで徐々に
ムダ毛を減らしていくことができます。

 

周期を守って照射することでお肌への
負担を減らし効率よく脱毛していくこと
ができますので、

 

あまり焦り過ぎずに正しい周期を守って
施術するよう心がけてくださいね。