ケノンは日焼けした肌に使って大丈夫?

MENU

ケノンは日焼け肌でも使えるのか?

脱毛時の日焼けは大敵…
そう聞くことが多いように感じますが、
それは事実なのでしょうか?

 

私は脱毛サロンに通っていた経験が
ありますが施術前には日焼けの有無を
確認されていました。

 

さらに施術後にも注意点として
日焼けをしないよう毎回説明が
ありました。

 

サロンでもこのような注意喚起がある
ということは日焼け時の脱毛は正常に
行えないということなのでしょう。

 

ケノンと脱毛サロンはどちらも光脱毛で
行われていますので、
ケノンでも日焼けはNGだということですね

 

 

ですがケノンの場合は好きな時に
施術をすることができるので

 

日焼けをしていても自己判断での
施術はできます。

 

では日焼け時に施術をするには
どんなリスクはあるのか?

 

またどんな注意が必要になるのか
ご説明していきたいと思います。

 

 

 

まず日焼けとはお肌にどんな影響を
与えているのでしょうか。

 

日焼け直後はお肌が炎症し真っ赤になり
赤みが落ち着いてくると
徐々に褐色化していきますよね。

 

紫外線を浴びた皮膚はダメージを
受けた状態になります。

 

また体の水分が蒸発し肌のバリア機能が
破壊されますので肌荒れを引き起こす
ことへと繋がってしまうのです。

 

 

 

ケノンの脱毛は光脱毛で
メラニンに反応し熱を加える方法です。

 

日焼けの影響で肌はメラニンが多く
弱っている状態ですので脱毛でさらに
追い打ちをかけることになってしまいます

 

これが日焼け時に照射を避ける理由です。

 

 

これらの理由から日焼け時の脱毛は
避けた方が良いと思われますが、

 

それでも今脱毛を進めておきたい
という方もいらっしゃると思います。

 

ですので日焼け時に照射を行う際の
注意点も記載しておきますね。

 

簡単に説明すると照射前のスキンケアを
重点的に行い日焼けで受けたダメージを
解消させることが大切です。

 

 

1番はやはり日焼け直後の照射を控える
ことが大切ですが

 

どうしても照射をしたいという場合は
普段より低いレベルでの照射を
おススメします。

 

また日焼けによりお肌は乾燥しやすい
状態にあるのでお肌の冷却と保湿を
徹底して行ってあげてください。

 

保湿ケアの際の注意点として
化粧水の選択も重要になってきます。

 

ビタミンCが豊富に含まれているものは、
健康な肌には良いものですが、

 

ダメージを受けている肌に使用すると
さらなる肌荒れの原因になる可能性が
ありますので注意が必要です。

 

ダメージを受けた肌の保湿ケアには
ワセリンが最適であると言われていますよ

 

またメラニンは刺激にも
反応してしまうので擦らずに
優しく塗るようにしてくださいね。

 

 

 

健康な肌とは違い日焼けした肌は、
ダメージを受けた不健康な状態です。

 

このような状態での照射はできるだけ
控えて頂き肌の回復を待ってから
行うことをおススメします。

 

それでも照射したいという場合には
記載した注意点を守って少しでも

 

肌へのダメージが軽減されるように
配慮してあげてくださいね。