ケノンは生理中NGだけど・・

MENU

ケノンは生理中でも使える?取説では使用禁止ですが・・

生理中の脱毛…

 

基本的に生理中のケノンの使用は
控えた方がいいとされています。

 

脱毛サロンでも施術をしてくれない
店舗が多いですよね。

 

ではなぜ生理中や妊娠中の施術は
おススメできないのか?
施術したらどうなってしまうのか?

 

と気になる方も多いと思います。

 

 

今回はそんな疑問を徹底検証
してみました!

 

 

まず生理中の脱毛が推奨できない
理由としてホルモンバランスの
変換が挙げられています。

 

ムダ毛が生える原因の一つとして
エストロゲンという女性ホルモンが
関係しています。

 

このホルモンは生理中や妊娠中に
大きく変化しているますので
生理が脱毛に影響を及ぼしていることは
間違いありません。

 

どんな影響が予測できるのかというと、
エストロゲンには肌のトラブルを
回避してくれる役割もあります。

 

そのバランスが崩れてしまうことで
脱毛が肌トラブルの要因になる可能性が
あるので生理中を照射には
注意が必要になってくるのです。

 

脱毛がホルモンバランスを崩すと
言われる場合がありますが、

 

実は、脱毛でホルモンバランスが
崩れることはほぼないのです。

 

なぜなら、女性ホルモンはあくまでも
脳からの指示により卵巣から
分泌されるから。

 

しかし、脱毛が思ったように進まず、
イライラしたりすることで、
脳にストレスを与えると話は変わります。

 

現代は非常にストレス過多な社会です。
また、食生活も乱れているので、

 

脳の働きを鈍くするような場合が
多々、見受けられます。

 

ようするに、脳が正常な状態じゃない時に
脱毛をする、もしくは、脱毛が脳の働きを
妨げることもありえる。

 

このような状態になってしまうのが
良くないということです。

 

もちろん、ストレスは生理じゃなくても
日常的にかかります。

 

しかし、確率論として、
生理じゃない時のほうが影響を受けづらい

 

そのため、生理中は行わない方が良いと
企業判断で禁止しているのだと思います。

 

ですので自己責任で使用をする分には
問題はないのです。

 

ちょっと脅かすような話になりましたが
リスクのある生理中は脱毛を控え、

 

もしどうしても生理中ということであれば
普段より肌荒れのリスクは増える。

 

ここがとても心配であったり、
敏感肌の方は使用を控えることを
おススメします。

 

2週間に1回のペースで行えば良いので、
調整するのはそんなに難しくない。

 

あえてリスクを背負い込む必要は
ないというのが私の見解です。

 

ご参考になれば幸いです。